スポンサーリンク

ストレスをためやすい人必見!!美ボディの天敵!!ストレスを溜めない日常生活のポイントとは?

美ボディとは、様々な要素が合わさって作られていきます。

もちろん身体が資本なので、肉体美美容健康と、どれもとても大切な要素になっています。

しかし、その全てにおいて、まさに天敵ともいうべき一番の問題はストレスなのです。

そこで、ストレスを溜めないで日常生活を送るための効果的な方法をご紹介します。

誰でも生きている限り避けられないのがストレスです。私たちは、いつ何時、何処で誰といようが、知らず知らずのうちにでも、絶えずストレスを感じているのです。

わかりやすくいうなら、ストレスというシャワーを常に浴びているような、ストレス社会の中で生活しているのです。

美ボディを目指している人にしたら、この環境は最悪と言えるでしょう。

肥満』、『肌荒れ』、『病気』、この全ての原因に、ストレスが関わっているとすれば、これは放っておくわけにはいかないのです。

しかし、世の中的に、もはや当たり前となっている、その環境を1人でどうにかしようと思っても、現実的には無理があります。

ところが、自分自身を変えようと思えば、これは決して無理なことではないと思うのです。

ストレスは、感じること自体は避けられないことだというのは誰もが理解しているはずですが、大切なのは、それを溜めないようにすることだと思うのです。

あまり大げさなことではなくても、少しの工夫で変化は実感できると思います。

スポンサーリンク




ストレスとの上手な付き合い方

ストレスに対して極端に不安になり、怯えてしまっては、逆にそれこそがストレスになってしまいます。

まず、前提として大切なのは、人間の感覚的なものですから、『ストレスは無くせない』ということを理解しておきましょう。

だとすれば、毎日交流のあるお隣さんというイメージで、お付き合いの仕方を考えていく方が現実的になると思います。

近所付き合いだって、上手にお付き合いができれば、そこまで苦にはならないですよね?

ポイントは、あまり深く考えないことができるかどうかということになります。

そこで、3つのポイントを意識してストレスを溜めないことを心がけてみましょう。

①:脳と心の関係を理解する

当たり前のように使われている言葉ですが、メンタルコントロールは誰もが「わかってはいるけど、なかなか難しい」というのが現実だと思います。

なぜならば、人間には感情があります。この感情こそといえます。その心の喜怒哀楽によって私たちの行動は左右されてしまうからです。そして、この感情はストレスにより大きな影響を受けてしまうことで、精神的に様々な問題を引き起こしてしまうのです。

ならば、ストレスの影響をできるだけ受けない方法を考えてみましょう。

つまり、この感情をコントロールすることが大切なのです。

しかし、コントロールするためには感情を理解しておく必要があります。

人間には情動というものがあります。これは、脳が感覚器官からの情報によって指令を出し、それによって起きる身体的変化のことを言います。これは大きく快情動不快情動2つに分けられます。そして、その身体的変化を意識した状態こそが『感情』ということになります。

つまり、『脳が不快を感じることで不快情動が起こる』これがストレスなのです

脳と心の関係性としては

1:脳が感じて(快情動or不快情動)指令を身体にだす。

           

2:身体に変化が起きる(例:攻撃的行動、逃避的行動etc…)

           

3:その変化を意識した状態=『感情

このような流れで感情が生まれるのです。

これを知っているだけで、例えば食事に行ったお店が混んでいて、待たされてイライラしてきた時に、その感情に対して冷静に今の脳の状態を考えられ、イライラが解消できるかもしれません。

その場で自分の感情を分析して、脳の状態を理解することで、少なくともそのイライラはその場で終わらせることはできると思います。

これは1つの例にすぎませんが、日常生活では予期しないタイミングで様々なことが自分の身に起きますから、全てを例のようにうまく対処することは難しいと思います。

逆に考えると、前述した、脳が不快を感じるタイミングを極力減らすことならばできそうです。そこで、簡単な方法としては、普段から意識的に脳を快情動にしておくことです。

どうするのかというと、脳は耳からの情報でも影響を受けますから、自分の発する言葉でも影響されます。つまり、楽しい言葉、嬉しい言葉、平和な言葉、明るい言葉、前向きな言葉、感謝の言葉、幸せな言葉、このようなキーワードを意識的に発することで、自然と脳は快情動を保ちます。

そして、対人の場合などは、褒め上手になることです。もちろんあからさまじゃ逆効果になってしまいますが、相手のいいところを探して褒めるようにしましょう。

これが癖づくと、例えば嫌いな相手に対しても、自然といいところを探そうとするようになるので、少なくとも大きなトラブルになるようなことは無くなります。

なぜなら、人間の心理として褒められて悪い気持ちになる人はいませんから、逆に嫌いな相手や苦手な相手と距離が縮まることもあるでしょう。これは、脳が快情動により、この快い状態を維持しようとするために身体に指令を出すので、どんどん相手を好意的に受け入れるようになります。

つまり、これをわかりやすく言うとポジティブシンキングとなるのです。

もちろん始めは戸惑うかもしれませんし、自分の気持ちに嘘をつくようで抵抗があるかもしれません。

それは当然のことだと思います。

人間は誰もが、感情と同時に過去の様々な経験からくる、思いや気持ちがあります。脳がどういう反応をするのかはその経験値に左右されている部分が大きいと思います。

しかし、誰もが過去は変えることはできませんし、経験値を0にすることは現実世界では不可能です。

だからこそ、ポジティブシンキングにすることで、脳に新たな経験値を記憶させていけるのです。

脳からの指令が心に大きく影響するのであれば、脳が快情動であることが、ストレスを減らせて、溜めない一番の方法なのです。

これを頭で理解して、意識することで、いつのまにかサイクル化ができていると思います。

大切なのは、意識的にやれるかどうかです。

まずは、ネガティブ愚痴、不平不満、諦め、悪口、否定的な発言、でも、だってetc…)な言葉を吐かない』ということから始めてみることをオススメします。

もし、周りとの会話でネガティブな話題に巻き込まれてしまったら、そうですか〜そうなんですか〜さぁ、よくわからないです、という言葉を使って愛想よく相槌だけ打ってかわしてしまいましょう。

ハッキリ言ってこのような場面での会話は全て無駄です。真剣に話題に入っていく必要は全くありませんし、後味の悪さがストレスとして残りますので気を付けましょう。

上記の言葉は万能ワードと言えるので、他者の余計なストレスに巻き込まれなくてすみますので、ぜひ試してみてくださいね。

②:軽めの運動

そして、ストレスの解消には運動が効果的です。

これは、身体が疲労感を感じることで、寝つきが良くなり質の高い睡眠がとれるのです。

ストレス解消には睡眠も重要なのです。

もちろん、日々の中にトレーニング時間を取れていれば理想的ですし、ストレスが溜まり過ぎることはあまりないと思います。

しかし、運動が苦手な人や、体力的に疲れすぎてなかなか運動をする体力がない人の場合は、かまえずに軽めの運動をしてみましょう。

・夜のランニング(ウォーキングでも可)

ダイエットを目的とするならば、個人的には朝のランニングがオススメですが、ストレス解消を目的とするならば夜のランニング(ウォーキングでも可)をオススメします。

これは、防犯上の問題もあるので、どちらかというと男性向きですが、夜のランニングは周りが暗いので、昼間ほど景色が見えません。そのため景色が気にならずに走ることに集中できるのです。昼間に比べて静かですし、暗い中で集中力が高くなるため黙々と走ることができることでリラックス効果があるのです。

もちろん、ダイエットメニューと違い、距離もスピードも意識する必要はありません。極端に言えば、お家の近所を1km程度ゆっくりと回るだけです。

気分転換としてのランニングなので、身体に負担にならない程度でも、適度な疲労感が寝つきを良くする効果もあります。

そのため、ストレスが溜まると不眠気味になりがちな人には特にオススメします。

なるべくなら屋外を走る方がリラックス効果は期待できますが、ジムなどのマシンの場合は、できれば端のほうの、静かで周りがあまり気にならない場所で走るようにしましょう。

たとえわずかな時間でも、ストレス解消には十分な効果が期待できます。

・バランスボール

外に出る気力も出ないほど疲れてしまうこともあると思います。

そんな時はバランスボールも効果的です。

これは、まさにながら運動ができるのです。

ホッと一息つきながら、テレビを見ながら、読書をしながら、といったオフタイムに、クッションがわりにバランスボールに乗るだけです。

もちろん、メニューとしてのノルマがあるわけではないので、ただ乗るだけです。

これなら、あらためて「よし、やろう!」といったような気合も入らず、運動が苦手な人でも抵抗なくできます。そして、バランスボールが置いてあるだけで、ちょっとした時間でもながら運動ができるのです。

遊び感覚で乗っていたとしても、しばらく乗っていると無意識でバランスをとっているので、意外と身体の中から効いてきます。バランスボールは体幹を鍛えることができるので、地味に全身の筋肉が刺激されているのです。

続けていると、身体の軸が矯正されて安定してきますので、代謝が良くなり、軽く汗ばんできたりしますので、あまり運動した自覚はなくてもその運動効果によって、身体は適度な疲労感を得れるのです。

③:ボディケア

そして、何よりも身体が資本ですから、身体のコンディションにも気を付けましょう。

「疲れている身体にムチ打ってやってます!」たまにこんな言葉を耳にしますが、確かに立派なことだとは思いますし、その気持ちは評価されるべきものだとも思います。

しかし、仕事でも、トレーニングでもそうですが、コンディションが悪い時に無理をしても逆効果なことが多いような気がします。効率も悪くなりますし、集中力を欠いたミスも起こるでしょう。そして何より身体を壊すリスクが高まってしまいます。

身体が精神を支え、精神が身体を支えているわけですが、この順番が大事ですあくまで、身体あっての精神ということは忘れてはいけません。身体に変調が出ることで精神が保てなくなるのです。

つまり、身体のコンディションが悪ければストレスのダメージは大きなものになりますし、致命傷になりかねません。そして、このバランスが崩れた時に『うつ病ノイローゼなどの重度の病気にかかってしまうのです。

ですから、ストレス対策で、身体のケアはとても重要なのです。

整体や、リラクゼーションに定期的に通えるというのがベストだとは思いますが、忙しくしていると、なかなかそうもいかないのが現実です。

そこで、身体を少しでもリラックスさせるということを意識しましょう。

・ファイテン

少し前には多くのプロ野球選手がこぞって着用していた、カラフルな布製のスポーツネックレスやブレスレットを、目にしたことがある人もいると思います。

しかし、これはただのファッションではなく、パフォーマンス向上をサポートする効果があるのです。

これは、京都に本社があるファイテン』(phitenという会社の商品なんです。

プロ野球阪神タイガースの金本監督や、元マラソンの高橋尚子さん、最近では、ゴルフの松山英樹選手や、男子フィギュアの羽生結弦選手も愛用している有名ブランドなのです。

羽生結弦選手着用がこちらのタイプ

ネックレス、ブレスレットが有名ですが、他にも化粧品や寝具や水などの様々な商品を展開していますが、商品開発において長年一貫しているテーマが『ストレス対策』ということなのです。

ファイテンでは、ストレスがかかると体から出ている生体電気と呼ばれる微弱な電流が乱れて身体に変調が出るという観点で、その生体電気を整えるための商品を開発したということなのです。

アクアメタルと呼ばれる独自の『水溶化メタル技術』を施した素材を身につけることで、生体電気を整えてくれて自律神経のバランスを整えてくれるのです。

これにより、肩こりや頭痛にも効果があり、個人差はありますが、多くの人がその効果を実感しています。

筆者も実際に使用しましたが、ネックレステープを併用したところ、肩こりと腰痛が劇的に緩和されて驚いた記憶があります。人によっては『プラシーボ効果』という人もいますが、つけている時といない時では、間違いなく気のせいよりも明らかにはっきりとした差を実感しました。

このアクアチタンは臨床試験でも、ストレスを解消をさせる働きがあることが証明されています。

自分でもずっと愛用していますが、常に身につけていても違和感は感じませんし、ブレスレットネックレステープは併用しても効果はさらに期待できるので、ボディケアとしてのストレス対策には最適だと思います。

もちろん個人差はあるので、誰にでも同じような効果があるかは断言できませんが、身につけるだけで少しでもストレス解消ができるのであれば、忙しがって何もしないよりは、日々の中で身につけていることでリラックス効果は期待できると思います。

身体がしんどい時であれば、余計効果を実感できると思いますので、あなた自身でぜひ効果を試してみてください。

まとめ

ストレスと戦うよりは、上手にお付き合いすることが大切です。

ポジティブシンキングで、適度な運動を心がけることで、心と身体のバランスをしっかり保ちやすくなります。そして、リラックスを目的としたボディケアを意識することで、ストレスが溜まりにくい状態を維持していけるのです。

外的にも、内的にもストレスによる影響を受けやすい私たちの身体ですが、日常生活の中で、少しの工夫をするだけで、ストレスに左右されない生活が可能になるのです。

最後に、ストレスを溜めないために一番大事なことは、無理をしすぎないということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
Translate »