スポンサーリンク

初心者でも簡単にランニングでダイエット効果を上げられる3つのポイントとは?

健康維持や運動不足の解消など、ランニングをしている人の理由は様々です。

もちろん趣味やボディメイクの目的で走っている人も大勢いると思いますが、ランニングで共通する効果がダイエット効果ですよね。

美ボディに欠かせない、健康美しさを両方実現してくれます。

このダイエット効果を上げることができれば、ランニングだけでも十分な成果を得ることができます。

そこで、初心者でも簡単にランニングのダイエット効果を上げる方法をご紹介していきます。

ランニングは有酸素運動による脂肪燃焼と、全身のシェイプアップによりボディラインをキレイに保つことが同時にできます。

当然、継続していれば効果が実感しやすいですから、性別、年齢問わずランニングは身近なものになっています。

特に、ダイエットがメインで頑張っている人の場合は、ランニングの取り組み方の意識を変えるだけで、ダイエット効果が上げられるのです。

そして、それは誰にでもできる簡単な方法なのです。

スポンサーリンク




3つのポイントを意識して習慣化する

ボディメイクダイエットの場合、多くの場合は、運動習慣があって体がある程度できているのと、運動不足やウェイトオーバーの解消で体が緩んでいる、なまっているという違いがあります。

前者の場合は、トレーニングメニューの1つとして、ペース配分や効果を確認しながら進めるゆとりがあるのですが、後者の場合は、ついついがむしゃらになり、ペースを乱しがちになりやすい傾向があります。「やらねば」という強い思いだけで頑張っている人も多いんじゃないかと思います。

そうなると、「気力だけで頑張っている」なんて状態に向かっていってしまいます。

もちろん気力で踏ん張れることは素晴らしいことですし、理想ですが、あなたの本業がアスリートでもない限り、これはが続くと大変でキツいことになってきてしまいます。

そんな時は、焦る気持ちは理解できますが、少し落ち着いて取り組み方を整理してみることをオススメします。

せっかく頑張って継続しているのですから、効率よくダイエット効果をあげれたら気持ちも楽になりますよね?

ダイエットとあまり気を張って構えずに、自分にあったペースで習慣化してしまいましょう。

たった3つのポイントでダイエット効果はあげられますから、ぜひ参考にしてみてください。

①:朝走る

一つは、走る時間帯を決めることです。個人的には朝をオススメします。

人それぞれ生活の環境が違いますから、絶対朝じゃないといけないというわけではないですが、1日の中で走る時間帯を決めてしまうことで、体もリズムができてきますし、「この時間はランニング」という頭になるので、忙しい人でも自分の中でスケジュールが組みやすくなります。

朝のランニングをオススメする理由としては…

・朝は脂肪燃焼効果が高い

人間の体は睡眠中も多くのエネルギーを消費していますので、朝のランニングは夜に比べて、脂肪が早いタイミングから燃焼されますので、例えば夜と朝で同じペースで同じ距離を走ったとしても朝の方がより多くの脂肪が燃焼されているのです。

つまり、同じ条件でランニングをするならば、朝の方が断然効率的ということになります。

逆に言えば、朝のランニングであれば多少短い時間でも脂肪燃焼効果は期待ができるということになるので、時間的に忙しい人には特に有効です。

・朝走ることで、脳も体も目覚める

多くのビジネスマンや経営者の方が朝のランニングをしているそうです。

朝走ることで、体内時計がリセットされ、頭も冴えて1日のスタートが万全の状態で切れるので仕事の効率が上がるというのが大きな理由なのです。そして、朝のランニングには脳を活性化する効果もあるので、朝のランニングは様々なアイデアが浮かぶタイミングという人も多くいます。

大人としてのコンディション管理としても有意義な時間になるのです。

・体温を上げて日中の脂肪燃焼効果に期待する

朝は体温が低いので、朝ランニングをして体温を上げることで、体の代謝率が上がりますので、これによって日中の様々な動きの中での脂肪燃焼効果が高まります。

うまく習慣化できれば、冬などの代謝が落ちやすい時期でも、脂肪が燃焼しやすい体質を維持できます。

・朝ランニングの注意点

ダイエットの効果を高めるのに非常に効果的な朝ランニングですが、注意しなければいけないことはあります。

朝は体が起きていない状態のため、入念なストレッチを行うなどの準備運動をしっかりして、体の負担が大きくならないように気をつけて、ケガの予防を心がけましょう。

そして、朝は睡眠によって体の水分が失われている状態なので、水を1杯程度飲んでから走るようにしましょう。水分不足はケガの原因にもなりますので、水分補給も意識していきましょう。

②:距離を選ぶ

ランニングの場合、マシンと屋外とどちらでも可能になります。

この時、有酸素運動なので20分以上という時間は意識しているとは思いますが、距離も気にしてみましょう。

ダイエット効果を高める場合は、ただやみくもに長い距離を走ればいいということではないのです。

特に、日常の中で習慣化しようと思うと、『ちょっと走れる』くらいの距離設定で何パターンか作っておくことをオススメします。

理由としては、時間や体のコンディションに合わせてコースを選べるようにしておくことで、忙しい時や少し疲労感が気になるような時でも、無理なくランニングをすることができるので、気持ちの面でも余裕を持って取り組めるようになります。

マシンで走る人の場合であれば、2km、3km、5kmなどで短、中、長と自分の目安で決めておきましょう。

ランコースをいくつかパターン化しておくことで、飽きずに走れますし、距離によって走るペースなども調節できるので、単調にならず、常に目的意識を持って取り組むことができるので効果も期待できます。

③:週2〜3日目安

もちろん、毎日の日課としてランニングをしている人もいますが、忙しい人や、体力的に自信のない人は、無理して毎日走らなければいけないというわけではありません。

週に2〜3回程度を目安にするぐらいがちょうどいいと思います。

1日おきや3日毎などでも、継続することでしっかり結果は出てきますから問題ありません。

ダイエット効果を期待する場合は、体が脂肪燃焼しやすい状態を作ることが大事なので、あまり無理をしないことポイントです。

ハードワークになってしまうと筋肉疲労が溜まってしまい、かえって脂肪の燃焼を妨げてしまう場合があるのです。そうなってしまうとせっかく頑張っていても思ったような成果を感じられずにモチベーションが下がってしまう恐れがあります。

誰だってやった分の成果が実感できなければキツいですよね?

ですから、安定して脂肪燃焼しやすい状態をキープすることを意識した方が効率的になります。

効果を上げたければ、休息もしっかりと意識して体のコンディションを整えましょう。

自分のコンディションを上手にコントロールすることで継続的に効果を上げることができるのです。

まとめ

ランニングは継続することが一番大事になります。

しかし、多くの人は日々の生活に追われがちになります。

そうなるとどうしても、無理が生じてきて思うような効果が得れないこともあると思います。

何事もバランスが大事なのです。

ですから、しっかり日々の生活とのバランスを考えて、自分のペースで習慣化してしまうことこそが、効果を高める一番の方法なのです。

効果を高めるポイントを意識しながら、無理のない自分のペースを作っていくことで、誰でも簡単にダイエット効果はあげれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
Translate »