トレーニングやワークアウトといえば、意外と困るのが髪型

 

もちろんジムなどでもビシッとセットしてキマっている人も見かけます。

 

見た目にもカッコイイし理想的ですが、個人的には汗をかくので整髪料でセットするのは抵抗があります。

 

しかし、ボサボサ頭やねぐせでトレーニングじゃ格好がつきませんよね?

 

髪がある程度の長さがあると汗が垂れてきたり、顔に張り付いたりして不快な思いをします。

 

そこでオススメなのが『キャップ』です。

 

髪型をセットしなくてもスタイリングができるだけでなく、邪魔になる髪の毛をまとめてくれて、汗がたれてくるのも防げます。

 

 

でも、どうせならカッコイイお洒落なものを選びたいですよね?

 

 

多くのスポーツブランドがキャップを展開しているので、スポーツショップなどに行けばたくさん置いてあります。

 

しかし、頭に身につけるものなので目立つアイテムですから、選ぶのも迷います。いかにもなデザインもありますが、張り切りすぎた印象になりがちです。

 

あまり張り切りすぎた格好は恥ずかしい、失敗はしたくないし帽子が似合うか不安という人にこそお勧めしたいのが、

 

 

NEW ERA(ニューエラ)のキャップです。

 

 

NEW ERAキャップの魅力

 

日本では、『ストリートファッションのベースボールキャップという認識が一般的には有名ですが、実はただの『ヤンチャな野球帽』ではないのです。

 

このNEW ERA社の歴史は古く、アメリカで1920年に創業された老舗ブランドです。

1940年には野球を中心としたスポーツ用品の供給を始めていて、1990年代からはアメリカのメジャーリーグベースボーのオフィシャルサプライヤーとして世界的に有名です。

そんなNEW ERAが人気の3つの理由をご紹介します。

機能性

 

老舗のパイオニアということで、通気性もよく、フィット感もしっかりしていて、プロスポーツの現場で長く支持されているだけの理由があります。そして、職人さんのハンドメイドによるものも多く、長く使用していても型崩れせずにシルエットを保ってくれます。

 

縫製などの細部もしっかりしているためほつれたり、破けてしまうようなことも全くないので、どんな場面でもストレスなく使うことができます。

 

機能性の高さはニューエラの大きな特徴といえます。

 

 

 

デザイン性

 

このデザイン性こそが一番の魅力だといえます。

 

いまや定番となったベースボールキャップですが、シンプルなワンカラーのものから総柄のものまで幅広いデザインの種類があります。

 

そして、様々なファッションブランドとのコラボレーションにも柔軟に対応しており、もはやポーツキャップの枠を完全に超えているといえます。

そのため、スポーツシーンだけではなく、タウンユースとしても様々なファッションに合わせることができます。ハイブランドなどとの相性もいいため、ジャケットスタイルに取り入れて、堅くなりすぎない印象も作れるなど、キャップ一つでもアクセントとして様々なスタイルに合わせて楽しむことができます。

 

また、デザインが豊富なので、今まではあまりキャップに馴染みのなかった女性でも、自分に合うものが見つけられるでしょう。

 

最近ではロゴがスワロフスキーなどで装飾されたものなどトレンドを取り入れた物も多いので、新しいデザインを探す楽しみもあるのです。

 

 

 

価格帯

 

ニューエラの価格帯でみると、¥4,000〜6,000(税別)程度目安になります。

 

しかし、記念モデルや限定品、他ブランドとのコラボ商品どの場合は¥10,000以上のモノもあったりしますが、これはあくまで一部の付加価値がついた商品の場合です。

 

基本的には比較的購入しやすい価格に設定されています。

 

 

 

種類

 

ニューエラの代名詞といえば『ベースボールキャップですが、このベースボールキャップは大きく分けて4つの人気モデルがあります。

 

そして、女性などにも人気の高いワーク&ミリタリニューエラの中でも定番のキャップをまとめてみます。

 

 

 

59FIFTY

59FIFTY

 

ニューエラの代名詞的なモデルで、ストリートファッションで大流行したのがこのタイプになります。深めの作りとしっかりとしたフィット感で、まさに王道モデルといえます。

 

刺繍とアイレット以外は職人によりハンドメイドされているという、強いこだわりを感じます。

サイズ調整はできないタイプです。

 

 

 

9FIFTY

9FIFTY

 

最近のトレンドになりつつあるのがこのスナップバックタイプです。

 

59FIFTYと同様のシルエットながら、アジャスターが付いておりサイズ調整が可能になります。他のスナップバックタイプのものに比べて、深めの作りになっていて安定感のある被り心地です。

 

デザインの豊富さも魅力で、ファッションアイテムとしてもマストなので、爆発的な人気があります。流行を取り入れたい人はぜひゲットすることをおすすめします。

 

 

 

9TWENTY

9TWENTY

 

9FIFTYと同様のスナップバックタイプですが、全体的に丸みを帯びたカジュアルなシルエットになっています。ツバが曲がったクラシカルなデザインで、浅めの被り心地により快適なフィット感が実現されます。

 

浅めで柔らかい作りのため、髪をしばっていても被れますので、ウトドアや、スポーツシーンには最適です。

 

アジャスターでサイズ調整も自在ですし、デザインも豊富なので、女性にも人気の高いのがこのモデルです。

 

 

 

19TWENTY

19TWENTY

 

8枚パネルによって作られており、全体的にクラシカルな印象です。他の種類と違い、フロントに芯がなく、浅めの作りでツバも短いタイプになります。

 

オールドスタイルにこだわっているのが特徴でレトロな魅力があります。

 

 

 

MW(ミリタリー&ワーク)

ワークキャップ

 

これはベースボールキャップとは一味違うシルエットを楽しめます。

 

天井がフラットな形状でシンプルな作りのため、性別年齢問わず使い勝手の良さがあります。デザインもシックなものから派手なものまであり、深さやツバの長さも様々なタイプがあります。

 

軽量で通気性や吸汗速乾機能も備え機能性も抜群といえます。

 

人と同じじゃつまらない」というような人にはおすすめです。

 

 

 

まとめ

 

長い歴史に基づく質の高い機能性と、様々なトレンドに柔軟に対応してきたデザイン性のバランスが生み出すクオリティはまさに最高峰といえるでしょう。

 

そして、スタイリングの中に個性をしっかり強調できるアイテムとして、日常のタウンユースでも、スポーツシーンにおいてもあなたを引き立たせるアクセントになること間違いなしです。

 

小物でありながら『華がある』アイテムといえるNEW ERAキャップを、あなたも一つは押さえておくことをおすすめします。

 

 

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

美ボディメニュー

ライザップ

  管理人J-Style自己紹介

【J-Style】

10代半ばで1年間で28kgの減量に成功。

 

その後リバウンドの恐怖との戦いに勝ち抜きベスト体重を20年以上キープし続ける中で、肉体維持のコツを発見し、ボディメイクを楽しんでいます。

 

年齢とともに、ボディメイクが美容と健康に直結していることを強く実感し、若さと綺麗を兼ね備えた『美ボディ』を追求しています。

『外見も中身も美しく』

をテーマに、誰でも、いつからでも美ボディになれる方法をシェアしています。

2019年現在 173cm 60kg

体脂肪率9%

 

詳しい自己紹介はこちらです。

Translate »