ダイエットを成功させるために必要なのは、『気力』『時間』だと思います。

このバランスを保てないことで、多くの人が挫折を経験することになるのです。

 

もちろん、はじめは「やるぞ!!」という強い気持ちでスタートしますが、その気持ちを維持していくのが大変なのです。

そして、気持ちが切れてしまってもいくらでも言い訳できてしまうのです。

その言い訳として一番都合がいいのが、「時間がなくて…」

 

そんな典型的な失敗を繰り返していた人でも、1ヶ月でマイナス5kgに成功したダイエット方法をご紹介します。

 

 

相談を受けたのは30歳のサラリーマンの男性でした。

 

詳細

身長170cm 体重76kg 独身 一人暮らし

運動習慣無し

デスクワーク

 

元々は60kgほどだったのが、社会人になり不摂生を続けていたら徐々に太ってきてしまったということでした。

さらに、何度かダイエットを試みたものの、挫折してしまいリバウンドでさらに太るという悪循環を繰り返したということでした。

 

しかし、健康診断でも、メタボリックシンドロームを指摘されたことと、30歳という年齢的な体の変化も実感していることで焦りもあり、絶対に痩せたいということで、無理のない方法で現実的なダイエットに挑戦することにしました。

 

チキンサラダでダイエット

サラリーマンの独身、一人暮らしはダイエット環境としては誘惑も多く、あまり良い環境とは言えないのが本音です。

どうしても、食生活が不規則になりがちで、飲み会やお付き合いなどのお誘いも多いため、むしろ太りやすい環境になりやすい要素が揃ってしまうのです。

そこで、忙しくても超簡単で手間がかからない方法でやることをおすすめしました。

 

やり方

不規則な食生活のバランスを保つために、夕食で調整する方法にしました。

つまりは、”置き換えダイエット”ということになります。

 

置き換えダイエットについてはこちらをご覧ください。 https://plaisir-papa.com/1901/

 

 

夜の外食はお酒を飲む機会が増えてしまうため、できる限り予定外の外食を避けるようにして、平均すると週に1回程度で、その他の日は必ず家でチキンサラダというのをルール化しました。

コンビニでも買えるサラダチキンカット野菜をメインに考えて、『現実的な』ということを重視しました。

 

これで、「忙しくて」とか「時間がない」と言った”言い訳”を排除することができます。

 

 

材料

・サラダチキン

コンビニで売ってるものなどなんでも可。

 

・カット野菜

コンビニやスーパーで売っているサラダ用の物。

 

※お好みでドレッシングなどが必要な場合はノンオイルのものをチョイス。

 

作り方

 

カット野菜をお皿に盛り付けサラダチキンを食べやすい大きさにカットして乗せて完成。

 

ポイント

この方法で重要なのは、とにかく簡単に作れるサラダにメニューを絞り込むことです。

その代わり、サラダチキンは様々な味のバリエーションがあるので、どれを選んでもOKにしておくことで、淡白な味に飽きて誘惑に負けてしまうリスクを減らすことで、意志が弱いタイプでも長続きさせることができるということです。

また、味や食感に変化をつけるという意味で、サラダチキンはシーチキンでも代用ができます。

手軽で飽きないということで、無理なく習慣化がしやすいことが大きなメリットです。

 

結果

たったこれだけのシンプルな方法ですが、1ヶ月経ってみると…

体重は71kgに!!

 

まさかの−5kg!!!

 

正直、2〜3ヶ月くらいの長期的なスパンで−5kgを目安に考えていたので、あまりにも早く結果が出たことには驚きました。

 

しかし、本人的には、便秘などもなく、むくみや体の怠さがなくなったことで、ダイエットをしているという感覚があまりなく、逆に生活リズムにメリハリが出たことを喜んでいました。

 

つまり、全く無理をせずに痩せたということになります。

 

もちろん個人差はありますが、生活の中にちょっとした変化をつけただけでも継続さえすれば、効果は出るということだけははっきりとわかりました。

 

シンプルに無理なくできる方法ということを意識すれば、気力時間がそこまでなくてもダイエットは可能になるのです。

 

楽をしてというよりは、賢く自分に合う方法でダイエットに取り組むことが結果につながる最善の方法だと思います。

 

もちろん、もっと確実に成果を出したいという人は、サプリメント健康食品なども上手に活用することで、ダイエット効果を高めることができます。

 

 

ダイエットの新常識★がまんしない食べるダイエット【マイクロダイエット】

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

Translate »