スポンサーリンク

高校野球を見ていてカラダづくりの重要性を再認識!ケガの多い10代と元気な中年世代の差とは?

すっかり夏の風物詩となっている高校野球。いよいよ各地区の代表が決まってきました。

しかし、高校野球を見ていて1つ気になることがありました。

それは、主力選手にケガの多いことでした…。

そこで、今回は、高校球児にみる10代のケガの多さと、30、40代のいわゆる中年世代のカラダづくりの違いについて考えてみました。

高校野球も甲子園球場での全国大会に向けて、各地区の代表校が続々決定しています。

各地区ともベスト8くらいからは、実力校同士の激しい戦いが多く、高校野球ファンには楽しみな時期と言えると思います。

しかし、最近気になっているのは、プロ注目と呼ばれるような、各チームのエースピッチャーや4番バッターなどの主力選手のケガの多さです。

ヒジのケガに、腰痛、肩の故障に、膝のケガと、プロアスリートも驚きの故障の多さに感じます。

もちろん、昔も今も、有名校や名門校といえば、ハードな練習は当たり前だと思いますが、最近の高校球児たちのケガは、内容的にもなかなかの深刻な選手もいたりして、おせっかいながら彼らの将来がとても心配になります。

そうかと思えば、最近はボディメイクが盛り上がりをみせていて、30、40代の世代でも元気にワークアウトに励んでいる人をよく目にします。

なんだかとても対照的に感じてしまいます。

個人的には、「今の選手は体が弱い」なんてことを言うつもりはさらさらありません。

むしろ、昔と今でここまでケガが目立っている原因がとても気になりました。

スポンサーリンク




カラダづくりの重要性再認識!世代の違いと体の違い

今や、地方予選でも、メジャーリーグのスカウトが視察に来るほどの逸材も何人もいます。

昔は甲子園などで、目立った成績を残した選手が、秋のドラフト会議でプロ野球に進むという流れでしたが、今では、中学時代からプロを約束されているような選手も珍しくないのです。

そんな潜在能力の高い選手を大切に育てるということは、今の高校野球のいい流れに感じますが、それ故にケガの多さには、昔と今の指導法の違いも大いに関係しているように思えてしまいます。

スパルタ指導(強制)→マイペース指導(自主性)へ

一番大きな違いとして明らかなのは、教育全体がスパルタ指導と呼ばれる厳しい軍隊的な指導から、個々の自主性を尊重した指導へと、大きくシフトチェンジしたことだと思います。

どちらかというと、考える間を与えないで体で覚えさせる指導

一人一人の個性を尊重して、自ら考えて実行するよう促す指導

この変化によって、決して無理はしないように、自分の体調と相談しながら練習を行うようになっています。

また、監督さんやコーチ陣が怒鳴ったり、大声を張り上げる場面というのもほとんど見かけなくなりました。

これによって、ミスを恐れず、思い切りよくのびのびとプレーしている選手が多く感じます。

そのため、昔に比べて自由度の高い打撃フォームや、派手なプレーなども多く、見応えがあります。

しかし、自分のペースを大事にするが故に、体の不調にも敏感で、故障の場合は、治療に時間をしっかり取るなど、復帰にも慎重になるため、ケガが目立ちやすくなっているようにも感じます。

スポ根思考→合理的思考

最近では社会的にも、昔ながらの『スポーツ根性論』は否定的なものになりました。

いわゆる、『気合いがあれば何でもできる!!』という精神論だけに頼るのは、合理的ではないということです。

これは、世代が下がれば下がるほど、精神論より合理的に考える傾向にあるため、10代の高校生は、高校球児といえど合理的な思考になっているのです。

そのため、試合などの厳しい局面では、自分を追い込みすぎてしまう選手もいて、ケガに繋がっているようにも感じます。

30、40代くらいの世代では、スポ根は当たり前のことだったため、追い込まれたり、自分を追い込むことに慣れがあったりしましたが、現代の高校生の場合は、精神的に追い込まれた場面になると、無理をしすぎてしまうのかもしれないと感じてしまいます。

もちろん、現在でも、根性論を軸に指導を行っている監督さんはいますが、科学的トレーニングや、効率化を意識した指導が主流になりつつあることは間違いありません。

合理化をすることで、より質の高い練習や指導になることは喜ばしいことですが、時に精神論とのバランスも伝えていくことで、ここ一番での集中力も高まり、ケガを防ぐことができるような気がしてしまいます。

技術的指導と道具の進化

ここ数年は、名将と呼ばれたベテランの名監督たちが続々と引退し、新たな世代の指導者が増えました。元プロ野球選手の監督さんも珍しくない時代になり、技術的な指導のレベルも格段に上がっていると思います。

例えば、昔はピッチャーはストレートカーブがピッチングの主体でしたが、今では、カットボールやチェンジアップなどの、メジャーリーグでも主流となっているような変化球をマスターしている高校生がたくさんいます。

そして、道具の進化もどんどん進んでいます。

今では、インナーのアンダーシャツが、”ピチピチ”のコンプレッションウェアなのは当たり前になっていたりします。

トレーニングの必需品!コンプレッションウェアはどれを選ぶ?
トレーニングの必需品!コンプレッションウェアはどれを選ぶ?
最近スポーツを見ていても、ジムなどで実際にスポーツをしていても、よく目にするものがあります。 競技を問わず、男女も問わずほとんどの...

スパイクなども、足への負担を軽減させてより軽量化された、ハイスペックなものも多く、プレーする選手たちの環境は向上しています。

しかし、技術の進化と道具の進化に対して、昔も今も高校生は高校生ですから、体(特に体幹)がついていっていなかったり、または、技術の習得に意識が行き過ぎることで、オーバーワークによりケガに繋がっていることも考えられます。

最近は、技術指導のレベルが上がってうまい選手が増えた反面、線の細い選手も多く、走り込み不足や、基礎練習不足による基礎体力不足を感じることなどもあり、そのあたりもケガの多さや故障の多さに繋がっているのかもしれません。

現に、ここ数年で高卒新人としてプロ入りした多くの選手が、プロ入り後に、故障に悩まされている状況を見ると、高校生の時期の技術指導と基礎練習によるカラダづくりとのバランスの大切さを感じます。

まとめ

高校球児といっても、昔と今では、指導法も含め、様々な環境の違いがあります。

しかし、指導をする側は、技術力が上がっていることを前提にして、その技術を生かせるためのカラダづくりを重点的に行うことが求められそうです。

特に、体幹トレーニングの大切さは、高校球児のケガの多さを見ると改めて実感します。

そこにいくと、30、40代の世代は、スポ根、スパルタの中でやってきた世代なので、トレーニングやワークアウトなどでも、追い込み方のメリハリが上手なんだと思います。

そして、体を追い込むリスクやしんどさもよくわかっているからこそ、体のバランスを意識した体幹トレーニングの大切さを知っているのだと思います。

ベテランと呼ばれる年代になっても、ひたむきに自分と向き合い追い込んでいく姿勢には、頭が下がりますし、若い世代のお手本だと思います。

もちろん高校球児たちは、ひたむきに一生懸命日々の練習に励んでいるわけですから、一ファンとしては、悔いのないように精一杯、ケガのないよう頑張ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
Translate »