美ボディを求めてダイエットやトレーニングに励むと次第に結果が現れてきます。

 

 

体型がキレイになってくることで、男女問わず自分に自信がついてきます。

そうなると様々なファッションにも挑戦できて、オシャレを楽しむ幅も広がります。

 

しかし、唯一服を着れないし、隠せないのがです。

 

せっかくカラダをキレイにしても、顔の印象で『若さ』『キレイ』さは左右されてしまいます。

 

 

そこで、誰でもカンタンにできる顔トレをご紹介します。

 

 

もちろん、お金にも時間にも余裕があれば、エステなどで、フェイシャルケアを頻繁にやることが効果的で確実な方法だとは思います。

 

しかし、忙しい時などは、なかなかそこまで顔トレに時間を取れない人もいるのが現実だと思います。

 

今回は、空いた時間や忙しい時でも、短時間でカンタンにできる方法をまとめてみました。

 

 

カンタン顔トレでキレイな印象になる

 

顔の印象はとても大事です。

 

われわれは無意識でも、顔の印象がその人の雰囲気として強く残ってしまいがちです。

これは、男女問わず誰でも当てはまることで、人相や表情で、その人のイメージが決まってきてしまうことが多く、キレイで若くいたいという願いは年齢を重ねるごとに強くなります。

 

 

 

顔の悩みやコンプレックス

 

女性でも男性でも顔のスキンケアには特に気を使っている人も多いと思いますが、顔は、常にむき出しの状態のため、様々なトラブルや悩みはつきものです。

 

 

・ほうれい線

 

・たるみ

 

・シワ

 

 

と、以上の3つは、20代中盤からは個人差はあるものの、全ての人について回る悩みになってきます。

 

もちろん、中には自然の流れと受け入れてあまり気にしないような人もいますが、人によっては、ほうれい線や、シワが目立つことで、悩みとしてコンプレックスになってしまうような人もいます。

 

上の3つは、顔の筋肉の衰えにより表れるので、放っておけば年々目立ってきてしまうのです。

 

しかし、逆に考えれば、顔の筋肉を引き締めてリフトアップすることができれば、小顔になれるということになります。

 

顔の輪郭にコンプレックスがある人などは、老化を防ぎながら、コンプレックスの解消につながるかもしれません。

 

 

 

カンタン顔トレ方法

 

理想を言えば、毎日いっぱい笑っていることができれば、それだけで顔の筋肉は刺激を受けて引き締め効果も期待できます。

 

しかし、仕事や人間関係のしがらみなどで、なかなか笑ってばかりもいられないのが現実です。

 

もちろん、真剣な場面などでは、表情も緊張しますし、なかなか日々の生活を送るだけでは、顔の衰えをカバーしきれないのです。

 

そこで、忙しいあなたでも、短時間でカンタンにできる3つの顔トレ方法をご紹介します。

 

 

 

①指先でなぞる

アゴから、顔のラインに沿ってこめかみに向かって、下から上に優しくゆっくりなぞってこめかみを軽く押すような感じで刺激します。

 

この時、人差し指、中指、薬指の3本を使って輪郭のラインから頬にかけてを全体的に持ち上げるようになぞります。

 

これを連続して5回を1セットとして、1日の空いた時間でちょこちょこと繰り返していると、徐々に効果が出てきます。

 

 

 

②『あ』、『お』発声法

口を大きく開いて、『』と『』をはっきりと発音するのを繰り返します。

この時、口の形をしっかり作るように意識することで、表情筋が刺激されて引き締め効果につながります。

 

これも、空いた時間などで、繰り返すことで効果は期待できます。

 

もちろん、周りに人がいたりする場合は、声は出さずに口の動きだけ繰り返すことでも顔の筋肉を刺激できるので、顔トレになります。

 

これは、意識しておくだけで、顔の筋肉を動かす習慣ができるので、回数よりも、こまめにやることで、表情も柔らかくなります。

 

 

③PAO

カンタン顔トレといっても、上の2つのような自分で意識して行うのが苦手な人や、なかなか空き時間もないような人は、道具を使うのも一つの方法だと思います。

 

 

PAOは見たことがある人もいると思いますが、口に咥えて動かすトレーニング器具です。

PAO

 

 

使い方はシンプルで口に咥えて上下に動かすことで、両サイドの羽が動いて筋肉に負荷をかける仕組みになっています。

 

ただし、口に咥えて使うため、使い方を間違えると、重量で首を痛めてしまう可能性もあるので、使い方は確認して正しく使用する必要はあります。

 

 

 

PAOの正しい使い方

 

 

1日の目安が、1回30秒×2セットということで、時間的には短時間でトレーニングができる上にカンタンなので、忙しい人でも、帰宅して寝る前の時間などをちょっと使うだけでもできてしまいます。

 

 

また、構造的に、左右均等の負荷がかかるため、バランスよく鍛えることができます。

 

 

これによって、小頬筋、大頬筋、頬筋、笑筋、口輪筋』の5つの筋肉が同時に鍛えられることで高い効果を期待できます。

 

 

 

 

上記の2つの方法のように、外でやるには抵抗があるかもしれませんが、自分のお家で毎日寝る前に2セットやる程度であれば、人目が気になる人でも、誰に気兼ねなくトレーニングができます。

 

根拠に基づいた設計のため、継続できればまず間違いなく効果には期待できるでしょう。

 

また、付属で、重さを変えれるパッドもついているので、自分のレベルに合わせた段階的なトレーニングも可能なため、寝る前の数分でも、無駄にすることなく効率のいいトレーニングになるでしょう。

 

イメージキャラクターには、パーフェクトボディを持つ、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド』を起用するなど、ジワジワと注目度が高まってきているアイテムといえるでしょう。

 

本気で小顔になりたい人には、男女問わずオススメです!

 

 

買ったら意地でも使う』タイプの人には特にオススメできます。

 

 

PAOのお求めはこちらです。

 

 

まとめ

 

顔の衰えは隠しようがないので、老けたという印象を与えないためには、日々の顔トレ習慣は必須なのです。

 

ご紹介したようなカンタンな方法でも、意識して継続することで、効果が期待できるのはカラダづくりと同じです。

 

まだそこまでシワほうれい線などが目立っていない人であれば、カンタンな方法でも予防になります。

 

そして、シワほうれい線が目立ってきてしまっていて、たるみも気になってきたという人は、PAOなど道具を使って、全体的な顔の筋肉をバランスよく鍛えることで、目に見える効果が期待できると思います。

 

いずれにしても、隠しようのない顔のコンディションを整えて、『若く、キレイ』でいるために、顔トレ習慣は意識してみることをオススメします。

 

 

PAOのお求めはこちらからもできます。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

美ボディメニュー

ライザップ

  管理人J-Style自己紹介

【J-Style】

10代半ばで1年間で28kgの減量に成功。

 

その後リバウンドの恐怖との戦いに勝ち抜きベスト体重を20年以上キープし続ける中で、肉体維持のコツを発見し、ボディメイクを楽しんでいます。

 

年齢とともに、ボディメイクが美容と健康に直結していることを強く実感し、若さと綺麗を兼ね備えた『美ボディ』を追求しています。

『外見も中身も美しく』

をテーマに、誰でも、いつからでも美ボディになれる方法をシェアしています。

2019年現在 173cm 60kg

体脂肪率9%

 

詳しい自己紹介はこちらです。

Translate »