スポンサーリンク

体型に悩む人は見直しダイエットで超カンタンに生活習慣の一部を習慣化すれば変われる!

体型に悩む人の話を聞いていて多いのが、「痩せたいし、ダイエットもしたいけど、きっかけがなくて…」と、こういった言葉を耳にする機会があります。

厳しい言い方をしてしまえば、やらない言い訳にも聞こえてしまうのですが、しかし、実際のところ重い腰をあげるには大きなパワーや勇気が必要なことも理解できますし、不安な気持ちや現実を受け入れにくい気持ちもとてもわかります。

そこで、『見直しダイエット』で、まずは簡単なことからルーティーン化する方法をご紹介します。

『見直しダイエット』なんていっても大袈裟なことは何もありません。

ダイエット難易度的に考えれば、初級レベルといえます。

ダイエットと聞くと、ほとんどの人は、「大変そう」、「キツそう」、「意志が弱いから…」、「忙しいから」etc…という感じで、勝手に自分のハードルを上げてしまっていることが多いのです。

しかし、あなたの子供時代を思い出してみてください。

例えば、あなたが東大を卒業していたとしても、小学校で一番最初の勉強は『足し算』と『ひらがな』じゃなかったですか?

つまりは同じことなのです。ダイエットがキツいと思い込んでいる人は、極端に言えば、小学生が「東大受験の勉強をしなきゃ!」というのと同じことだと思うのです。

つまり、今のレベルや状態に合わせて、できることを考えてみるとダイエットだってキツいばかりじゃないのです。

だからこそ、まずは超初級から始めてみればいいのです。

スポンサーリンク




見直しダイエットでダイエットのハードルは下げられる

まずは、ハードルを下げて始めることが大事だと思っています。

つまり、『痩せたい』ということが目的ならば、新しいことをすることにばかり目が行きがちですが、現状を見直してみるだけでも、きっと痩せるためのヒントはたくさんあるのです。

もっといえば、問題が明確なら明確なほど、解決策はシンプルになるのです。

見直しダイエットとは

『見直しダイエット』とは、ダイエットのために『決意新たに何かを始める!』というのではなく、『今すぐできることを探す』ということが重要なのです。

そして、具体的な方法としては、無意識の行動の中にある、日常的な悪い習慣をいい習慣に変えてみるということなのです。

特に、痩せたいと思っている人は、『食事』に関わる習慣で無意識的な部分を見直すことがダイエットにつながるのです。

つまり、難易度が超初級というのは、見直そうと思うか思わないかという二択を選択できるかできないかという話だからなのです。

カンタン見直しダイエット4つのポイント

具体的なポイントとしては、全てを大きく改善するのではなく、あくまで一部をちょっと気をつける程度から始めることが、成功のカギになるのです。

そこで、多くの人がジワジワ太ってしまった、または、太るきっかけになってしまう食事に関わる無意識悪習慣になっている以下の4点を良習慣化してみることから始めてみましょう。

①:マヨネーズを避ける

マヨラーという言葉があるくらい人気の定番調味料が『マヨネーズ』です。

もちろん万能調味料としては最高だと思いますが、万能すぎて何にでも相性が良すぎるのが問題なのです。

例えば、痩せたいからサラダを多めに食べようと思っていても、無意識的にサラダにマヨネーズをかけてる人は意外と多いのです。

これだとせっかくの低カロリーメニューにカロリーを足してしまうことになるので期待している効果は遠のいてしまうのです。

この無意識のクセが危険なので、あえてマヨネーズは避けると意識して決め事にしましょう。こうすることで、徐々に体がマヨネーズを使わない生活に慣れてきます。

これを続けることで、習慣化できれば、知らぬ間に太る原因は一つ無くなるのです。

②:ラーメンを避ける

ラーメン』は、嫌いな人をあまり聞いたことがないくらい、もはや国民食的な存在です。

しかし、外食でもコンビニでも定番メニューだったりするために、サッと食べれる物として、無意識のうちについ食べてしまっているのです。

さらには、飲み明けのシメでも定番ですから、何かとラーメンは身近な存在になりすぎているのです。

そして、ラーメンはスープも美味しいですからつい飲み干してしまう人もいます。それを礼儀とまでいう人もいますが、一杯でもスープまで飲み干せば1000kcal程度というものまであるので気をつけなければすぐ太ってしまいます。

高カロリーの王道ですから、ラーメンを控えることを意識しておくことで、摂取カロリーを大きく抑えることはできるのです。

③:お酒のつまみは揚げ物を避ける

お酒の席ではつまみが進みます。

しかも、つまみの場合は品数も多く少しづつシェアすることが多いので、自分の食べた量がわからなくなってしまうのです。

さらに、酔っ払ってしまうと気持ちも緩みますからついつい食べ続けてしまうので、実は普通の食事よりもカロリーを摂ってしまいがちなのです。

特に危険なのが揚げ物で、ビールなどとの相性も最高です。

しかし、この揚げ物は、一つでも300kcal程度のものもあり、ご飯一杯分と同等のカロリーがあったりするのです。

日常的に飲む機会が多い人の場合は、無意識のうちに高カロリーな食生活になっていたりしますから、太らないほうが不思議なレベルです。

なので、お酒は飲むとしても、つまみを意識して気をつけてみましょう。

特に揚げ物は摂らない飲み方を習慣化できれば、お酒を飲んでも太るリスクは減らすことができます。

④:缶コーヒーを避ける

食事とは少し違いますが、『缶コーヒー』を日常的に飲んでいる人も太りやすくなります。

仕事中や、ちょっと一息の休憩のお供にと、無意識的に缶コーヒーが片手にある人も見かけたりしますが、糖分たっぷりの缶コーヒーは、糖尿病などの病気的なリスクと、肥満のリスクを同時に高めてくれてしまうので、実は、無意識で毎日何本も飲んでいるのは危険なのです。

もちろん水分補給は大切ですから、飲み物は確保しておかなければいけませんが、缶コーヒーの代わりにミネラルウォーターなどに変えることを意識しましょう。

日常の飲料を缶コーヒーからミネラルウォーターにすることが習慣化できれば、ダイエット効果はもちろんですが、健康面でも体の調子が良くなることが期待できます。

まとめ

よくよく考えてみると当たり前のことばかりですが、当たり前のことを徹底することは意外と大変だったりするのです。

痩せたい人は、まず一つ一つを意識して徹底してみることで、当たり前を習慣化してみましょう。

もちろん、いきなり全ての習慣を変えるのでは大変すぎて挫折する可能性が高いので、始めは上記の4つだけに絞って、徹底して意識してみましょう。

美ボディは1日にしてならずということで、超初級レベルからでも確実にクリアしてみることで、次の目標が具体的に見えてくると思います。

体型に悩み始めると、どうしても腰が重くなりがちになるのは仕方がないと思います。

だからこそ、体型を諦める前に、たった4つを我慢してみることから始めてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
Translate »