スポンサーリンク

肥満気味!?こんな体じゃ海に行けない!!そんなあなたは海の前にプールでダイエット!

夏のダイエットは何のため?と考えてみると…、

多くの場合は、薄着になって体型がバレてしまうからというのが理由だと思います。

極論、海やプールなどで水着になれば、体型は完全に丸わかりです。

そこで、海に行けないと嘆いている暇があるならば、まず、プールでダイエットしましょう!ということで、簡単ールダイエットのポイントをご紹介します。

この時点で、「今さらそんなことわかってるよ」とか、「体型バレたくないのに何で水着にならなきゃいけないの!」、なんてツッコミを頂いてしまいそうですが、まずは、一旦前向きに考えてみましょう!

正直、太ってしまったり、体型がコンプレックスだったりすると、『水着』と聞いただけで、ネガティブになりがちです。

しかし、効率よくキレイに痩せたいと思うと、メリットの多いプールを活用しないのはもったいないのです。

そこで、ちょっと前向きにプールダイエットをまとめてみたので、痩せたいあなたはぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク




ダイエットするならプールがオススメな理由いろいろ

プールダイエットといえば、どんどん泳いで痩せるみたいなイメージがあると思いますが、泳ぎが苦手な人もいると思いますし、体力的にも無理をすれば続けるのが難しくなってしまいますので、そこらへんは少しラフに構えてみましょう。

『泳ぎたい人は泳ぐのもアリ』くらいで考えてみると少し気楽に続けることができると思います。

やっぱり大切なことは、一歩踏み出すこと続けることこの2点に集中してみましょう!

しかし、多くの人はプールがダイエットに効果的だということは、何となくわかっていたりするはずですが、気が乗らない理由があると思います。

それは…

・水着になるのに抵抗がある

・泳ぎが得意じゃない

もうこの二つが十分すぎる理由になっていることでしょう。

逆にこの辺りがクリアできるなら、チャレンジできるハードルはグッと下がるような気がするのです。

そこで、以上を踏まえたプールダイエットの簡単3ステップをご紹介していきます。

ステップ①:プール選びで人目を気にせず

『プール』と聞くとどうしてもレジャー的なイメージが強いため、人目が気になるのは当たり前だと思います。できれば人前で体型をさらすのは避けたいですよね。

しかし、最近は、リハビリメニューでプールを利用している人も多いのです。特に、年配の世代の人たちは病院などでもプールでのリハビリをすすめられたりしている場合もあるため、そういった人たちを積極的に受け入れている施設もあるのです。

ですから、スポーツジムなどもいいですが、人目につきたくないという人は、そういったリハビリの人たちも通うようなプール施設や、年配の利用者が多いようなところを探してみることで、あまり人目を気にすることなく、さりげなくプール通いができるのです。

さらに、時間帯も気にして、人が少ない時間帯を狙えばより人目を避けて自分のペースで取り組めるようになります。

あえて、普段と目線を変えてみることで、人目を気にしない環境づくりはできると思います。

リハビリ目的で探してみると見つかりやすいと思いますよ。

ステップ②:水着選びで効率よく

プールといえば、『水着』は必須です。これが一番のネックになると思いますが、レジャーの場合とは違いますから、派手さやオシャレさよりは機能性や動きやすさで選べるのです。

ラッシュガードなど、なるべく肌の露出が少ないものを選べば、なおさら人目を気にせずに済むと思います。

個人的にオススメな方法としては、ピチピチシャツでおなじみの『コンプレッションウェア』を水着の代わりに着用したりすると、加圧効果や筋肉サポートの効果により、効率よくトレーニング効果を上げることが期待できます。

そして、コンプレッションウェアの場合は、全身の引き締め効果もありますから、見た目的にも、多少引き締まって見えることが期待できます。

色も黒を選べば、さらに引き締まった印象になると思います。

前述した、プール選びと水着選びで、水着になることと、人目が気になるという2つの大きな壁は壊すことができると思います。

ステップ③:泳ぐことにはこだわらない

プール選びと水着選びで環境的な問題はクリアできたら、いよいよメインのプールです。

もちろん、泳ぐことでカロリー消費は大いに期待できます。

しかし、無理に泳ぐことにこだわる必要はありません。

ポイントとしては、水の中を歩きましょう。もちろん自分のペースでいいので、できるだけたくさん歩いてみましょう。

水の中で歩くだけでも、カロリー消費には大いに期待できます。

ほとんどの場合、水温は体温より低いことで、体は体温維持のために脂肪を燃焼しますので、水の中にいるだけで、カロリー消費が行われているのです。

そして、水圧が体全体にかかることで、筋肉に負荷がかかります。その状態で歩くことで、全身の運動になり、効率よく痩せることにつながります。

しかし、水中のため、胸まで入る水深ならば、体重の70%カットになるので、関節や足腰への負担は大幅に軽減されるのです。

太ってしまった場合は、運動をするにもいきなり負荷をかけすぎると、水が溜まったり、関節や膝を痛めてしまうことがありますが、そういったケガのリスクも大きく減らせることで、不安なく続けることもできます。

より、効果を高めるためのポイントとしては、とにかく歩く姿勢を意識しましょう。

もちろん、プールでのウォーキングでも、様々なやり方はありますが、今回の場合は、難しいことは必要ありません。ただ1点のみ気をつけるのが、背筋を伸ばして姿勢よく歩くことです。

水の中は、常に全身に負荷がかかっている状態ですから、前に進むだけでも全身の筋肉が大きく刺激を受けます。そのため、姿勢をよく歩くだけで、腹筋や背筋などをバランスよく鍛えることができるのです。

感覚的には、ランニングなどに比べれば、あまりハードには感じないで行えると思いますが、しっかり負荷はかかっているのと、同時に有酸素運動としての効果もあるので、トレーニング効果としては十分に期待できるのです。

もちろん、泳ぐのが得意な人は泳ぐことで、さらに大きな効果を期待できますが、いずれの場合でも、体調や筋肉や関節などの状態には注意して、無理をしないことで、ケガも防げて継続につながっていきます。

まとめ

今回は、シンプルに3ステップをご紹介しましたが、プール選び水着選びで環境作りをして、プールで歩くだけなら、そこまで難しいことではないんじゃないでしょうか?

少なくとも、この3ステップを意識してみれば、プールダイエットのハードル自体は一気に下げることができると思います。

そして、このプールダイエットなら、ただ痩せるだけじゃなく、適度な筋肉もつきながらシェイプアップすることができるので、余った皮膚がたるんでしまったり、変に老けた印象になってしまうことも防ぐことができます。

つまり、健康的でキレイに痩せることができます。

痩せることに関しては、確実で高い効果が期待できるので、本気で痩せたいのであれば、間違いなくチャレンジしてみる価値はあると思います。

この3ステップを見て、「あ、このくらいなら…」と思ったあなたには、無理をしない程度にぜひ試してみることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
Translate »