スポンサーリンク

とにかくまず痩せたいあなたはプロテインを活用した3ステップを実践しよう

筋トレをしている人や、マラソンなどが趣味の人の多くはよく、体づくりのためにプロテインを飲んでいます。

筋肉を作るためには『プロテイン』が必要というのはもはや常識だと思います。

しかし、実はキレイに痩せたい人にもプロテインは効果的なのです。

そこで、プロテインを上手に活用して、ダイエット効果を得られる方法をご紹介します。

プロテインをネットなどで調べてみると、ほとんどが筋トレとの相性や、筋肉をつけるための効果的な飲み方などの説明や解説で、筋トレやトレーニング習慣のない人にしてみたら少し専門的な話が多く、身構えてしまう人もいると思います。

もちろん、プロテインを摂る目的としては『カラダづくりですし、確かに筋トレなどと合わせてプロテインを摂ると効果は明らかなので、そういった情報はとても役に立ちます。

しかし、まずは体重を落としたい人や、あまり筋肉には関心がない女性の人などからすると、筋肉=プロテインというイメージが先行しがちで、少し距離を感じてしまうかもしれません。

そこで、今回は、痩せるためにプロテインを活用するということを前提にして、少し簡単に要点をまとめてみます。

合わせて、具体的にどう活用すればいいのかという方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

今回の方法は、ジムなどに通わなくてもできますし、専門的な知識がなくても誰でもできる方法なので、試してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク




プロテインを活用して驚きのダイエット効果

まず、シンプルにプロテイン=タンパク質ということを理解してください。

タンパク質は筋肉の元になる栄養ですので、人間であれば、誰でも必要な栄養素ということになります。

つまり、『プロテイン』は、カラダづくりをしている人用のものというわけではないのです。

わかりやすく説明するなら、どんな人でも筋肉は必要です。筋肉が入らないという人でも、『最低限の筋肉』がなければ、脂肪を燃やせません。

脂肪を燃焼させるのが筋肉であり、筋肉を動かす燃料が脂肪なのです。簡単に言えば、筋肉が脂肪をどんどん燃やしてくれることで、脂肪が減り、痩せるのです。

人間は寝ている間も常に筋肉が脂肪を燃焼させてくれており、運動をしない人でも筋肉が脂肪を燃やしているのです。これが基礎代謝ということになります。

つまり、この基礎代謝を上げることができれば、太りにくいカラダになります。

基礎代謝を上げるためには、筋肉が必要で、筋肉を作るためにはタンパク質が必要になります。そのタンパク質を効率よく摂るために『プロテイン』が効果的ということなのです。

プロテインの特性

プロテイン=タンパク質というのは前述しましたが、このプロテインは大きく分けて2つの種類があります。

簡単にわかりやすく説明すると、【動物性プロテイン】【植物性プロテイン】2つに分けることができます。

動物性プロテイン

ホエイプロテインといって、牛乳を原料とした動物性タンパク質になります。

一般的に販売されている多くの『プロテイン』と名のつくものは、このホエイプロテインということになります。

簡単に言えば、アウターマッスルと言われる、体の外側の筋肉に効果があります。

吸収も早いので、筋トレ後などに飲むことで、筋肉を効果的に太くしてくれる効果があります。

必須アミノ酸も配合されているため、疲労回復にも効果があり、アスリートなどが愛用しているのもホエイプロテインが一般的です。

ダイエット目的などであればホエイプロテインをおすすめします。

植物性プロテイン

ソイプロテインといって、大豆由来の植物性たんぱく質になります。

こちらは、甲状腺機能ホルモンバランスを整えてくれるなどの効果があります。

また、インナーマッスルと言われる、基礎代謝を支える体の内側の筋肉に効果があります。

体質改善や、ベジタリアンの人などには向いていますが、ダイエットなどで代謝をあげたい場合などは、ホエイプロテインの方が適しているといえるでしょう。

注意点

もちろん、プロテインは体に良いからといっても、摂りすぎは禁物です。

どちらのタイプでも、たんぱく質には変わりありませんから、過剰摂取になってしまうのは避けましょう。

共通していうのは、どちらも肝臓や腎臓に負担がかかるというデメリットがあるのです。

他にも、ホエイにも、ソイにもそれぞれにデメリットがあります。それぞれの商品によっても摂取量の目安などが設定されているので、あくまで適切な摂取量を意識して摂ることが大切になります。

プロテインを活用した痩せるための3ステップ

では、痩せるためにプロテインをどう活用するかというと、プロテインの特性を理解して、食事とのバランスを取るということになります。

そして、軽めの運動も合わせることで、確実性も高めていくことができます。

やり方としては、具体的に3ステップを継続するということになります。

①:朝の有酸素運動とプロテイン

もちろん、食事をうまくコントロールすれば痩せることはできますが、せっかくプロテインを活用するのですから、運動も取り入れた方が効率的です。

しかし、いきなりハードなことをやる必要はありません。

できれば、朝に簡単なウォーキングやランニングを取り入れて、10分〜20分程度の有酸素運動を行うようにします。

朝に軽めの運動をすることで、体温が上昇することにより代謝も上がります。

そして、有酸素運動後にプロテインを水で溶かして飲みましょう。

これは、水で飲むことで吸収が早くなるため、効率的に摂取できます。そして、朝食はきちんと摂るようにしましょう。

前述したように、プロテインは偏った摂り方よるデメリットも多いため、朝食で食事のバランスを意識しましょう。

炭水化物の米やパンも朝食で摂るようにすることで、カロリーを気にせず栄養バランスも取りやすくなります。

②:昼食はスムージーと野菜ジュース

昼食は、軽めにスムージー野菜ジュースなどで済ませましょう。

ダイエットや食事制限などの場合、どうしても体に必要なビタミンやミネラルが不足しがちなので、体の栄養バランスも考えて昼食でしっかり摂るようにしましょう。

昼食の場合は、多少軽めにすることで、満腹感による午後の睡魔に襲われることも防げるので、生活のリズムとしても効率が良くなります。

そして、繊維質を摂ることで、デトックス効果も期待でき、腸内環境も整えることにつながります。

③:夕食は炭水化物抜き

寝ている間も人間は栄養が必要になるので、夕食で補う必要があります。

しかし、カロリーバランスやタンパク質の摂取バランスを考えると、しっかり食べてしまうと、カロリーオーバーや、タンパク質の過剰摂取になり、太りやすくなってしまいますので、米や麺などの炭水化物を抜くようにしましょう。

炭水化物はカロリーもタンパク質も意外と多いため、これを抜くだけでも過剰摂取を防げることで効果を期待できます。

もちろん、だからといって揚げ物や脂っこいおかずを大量に食べてしまっては意味がありませんので、あくまで、バランスよく適度な量ということは心がけましょう。

まとめ

実は、人間が1日に必要な栄養素を食事で全て補おうとすると、かなりの量を食べないといけないことになります。食事だけでとなると、タンパク質やカロリーなどは、過剰摂取になりがちです。

なので、プロテインを活用することで、カロリーは抑えられて、タンパク質はしっかり補うことができます。そうすることで、筋肉量は維持しながら代謝を確保することができ、痩せるということです。

そして、今回の3ステップは、食事のバランスを取りながらプロテインを活用することで、プロテインによるデメリットも防ぐことができるので、キレイに痩せることができます。

もちろん、筋肉をつけたい場合や、カラダづくりに真剣に取り組む場合は、より専門的な知識や、プロテイン選びいたるまで、細かくやらなければいけないわけですが、まず痩せることを目標に、確実に早く結果が欲しいという人にはおすすめできる方法だと思います。

プロテインに頼るのではなく、活用するということが大切です。

プロテインにも様々な種類がありますので、味なども含めて自分にあったものを見つけることも上手に活用する一つのコツだと思います。

有名なRIZAPにも、プロテインを活用する自宅用のメソッドがあります。しかも全額返金保証付きというのが安心感がありますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
Translate »